倶楽部メモ(251)
平成16年10月10日〜10月18日


投稿者 急行越前
投稿日 10月10日(日)00時04分44秒
タイトル ありがとうございました
みなさま、オロ11に関するレスありがとうございました。

>クモイ103さま
客車空気調和装置資料室の食堂車とイネ車のレポート何度も読ませていただきました。
クモイ103さまの客車への思い入れが伝わってきて感動しました。
たいへんあつかましいお願いで恐縮なのですが今度は是非「特ロ」の解説をおねがいしたいです。

今日、スロ54や62の配置区所を調べていたら、竜華のほかにも姫路、長岡、名古屋、沼津等
名古屋の「阿蘇」用以外は波動用としか思えない区所への配置が多くありました。
急速に客車急行が減っていった時代でしたから、全国的にグリーン車は余剰ぎみだったのですね。
その中で最後まで「桜島」「高千穂」「日南3号」「雲仙」という名急行列車に使われていたのは
しあわせだったかもしれませんね。

>EF5841さま
昔どこかでスハ32は頑丈にできているから戦後作った車に比べると解体するのが大変だという
話をどこかで聞きました。
郡山に最後までに残ったスハフ32が「今なお現役」なのはリベット締めの車体の頑丈さがなせる技ですね。
短命と言っても税法上の車輌の耐用年数は13年で、空調機は5年くらいでしょうから
18年で廃車はちょうどぴったりですか。

>ア・ドンさま
オロ11の魅力はア・ドンさまがおっしゃる「美しい車」だということなのですね。

「こう」さまのHPも拝見いたしました。
オハネフ12をジャッキアップしたら車体がゆがんだ云々という記述にはびっくりしました。
でも56年製のオハネフ12が「山陰」で最後まで残ったのは緩急車だったからですね。
85年にお別れ乗車をしたのを思い出しました。

私も上野の18番線で「越前」のオハネフ13に心躍らせた世代なので、模型も上野発着が基本?ですから
電暖車ではないオロ11は対象外になってしまうのですが、好きなので買ってしまいました。
しかも「桜島」「高千穂」「日南3号」が再現できる2両も。
それに前にこの掲示板に書きましたマロネ41もありますし、
そもそも荷物列車好きでオユ11やスユ152001もありますから、これではただの客車コレクターですね。



投稿者 陸奥光政
投稿日 10月10日(日)00時37分25秒
タイトル 遅れてしまいました(汗
気づいていませんでした。すいません。

>EF5841様
>ナロ10様

教えて頂いたのに気付かずに申し訳ありませんでした。

製図用品を扱う店が少ないので今度、東京に出て探してみます。
東京なら・・・・・タブンある(?)と思うので(汗

では、短いですが失敬。
投稿者のホームページ



投稿者 こう
投稿日 10月10日(日)11時33分35秒
タイトル 10系・・
なんだか、お話の展開が面白いですね。拙HPもご覧いただきありがとうございます。
僕自身はオロ10などのこの系列の優等座席車は触ったことがありません。
入社当時から雑誌などで存在は知っていましたので不思議だったのですが、
実際に自分がナハ10などののクルマを担当してみて、納得するものはありました。
同じ時期の気動車と同じようなつくりに見えるのですが、そうではなかったのですね。
ナハ10の窓には隙間風を防ぐフェルトがついているのですが、
これなども同じような設計のキハ28とは大違いでした。
耐用命数はわざと短めに作ってあったような気もします。
特にハネの下降窓は難点で、入場してこれがあたると、もう、がっかりでした・・
オロネ10はこれらのクルマの中でも出来が良く、同じ系列とは思えないほどでしたが、
固定窓だったことが幸いしたのでしょうか・・
スハ32は頑丈でしたし、窓柱の金当てを留める部分に真鍮が使われていたり、
とにかく腐食対策はきっちりしていました。
スハ43などはこれも頑丈で、外板の補修はほとんどすることもなく、
非常に状態の良いままで最後を迎えていました。
投稿者のホームページ



投稿者 クモイ103
投稿日 10月10日(日)22時19分55秒
タイトル 「特ロ」はちょっと…(汗)
>急行越前様
 拙作をお読みいただき、過分なご評価まで賜り恐縮です。
食堂車、イネ共に、書いてから月日も経ち、その後の調査で訂正すべき箇所も出てきております。
そのうち何とかしたいと思いますが、まあ「そのうち」ということで(汗)。

 「特ロ」ですかあ…その方面はどなたか得意な方がおられませんかねえ…
私は今のところ昭和30年代のことで頭が一杯で、
できれば第3弾にしたいと思って調査中の「Cロネ」ですら、泥沼遊泳を楽しんでいる(やけくそ)状況です。
 「特ロ」となると、とりわけ昭和40年前後に長距離普通列車に使用された状況など、
どこから手をつければよいやら見当がつきません。
でも、それをまとめた資料があったら、私も見たいですねー。誰かやって!!(爆)


投稿者 青列車
投稿日 10月11日(月)23時17分35秒
タイトル 【特ロ】143・144レのスロ51
お邪魔しますm(_ _)m
>クモイ103さま
長距離普通列車における特ロといえば、
鉄道ジャーナル誌の列車追跡リバイバルシリーズで、
昭和42年ごろの東海道夜行鈍行143列車のルポが載っていましたが、
この列車にスロ51が入っていたとのことです。
東海道線東京口はスカ線と共に殆どの列車がサロ付き
(113系列車は勿論、153系急行編成の間合い運用もサロ2両、
唯一例外は80系ぐらい?=流石にサロ85は当時既にロザとしての資格を失っていた)で、
京阪神地区の東海道山陽線113系快速にもサロが運用されていた時代でしたから、
この列車もロザの需要が少なくなかったのでしょう。
特ロとしてはシートピッチが狭く、冷房のないスロ51ですが、一応リクライニングシートですし、
113系サロにはサロ112以外冷房のない時代でしたから、サービス水準は上位であったと思われます。

乗ってみたかったなぁ〜(^^);
投稿者のホームページ



投稿者 クモイ103
投稿日 10月12日(火)23時06分33秒
タイトル 昭和42年といえば…
>青列車様
 あちら(?)でもお世話になっております。
 昭和42年頃といえば、ロザとハネの冷房化が進められたこともあり、
いかにも変化の激しい時代といった趣がありますね。
私にとっては、ヨンサントオ改正を前にした東北本線赤羽−与野間3複線化工事の印象が強烈です。
小学校入学の前後にあの大工事を目の当たりにした影響は、計り知れないものがあります。
おかげで「線路配置マニア」に…(笑)。
でも、当時私の「鉄道世界」は、茶色に水色が混じり始めた京浜東北線が主体で、
列車線を爆走してゆく客車列車は興味の対象外でした(いま思えば勿体ない…)。



投稿者 EF5841
投稿日 10月13日(水)21時12分25秒
タイトル 昭和42年といえば
昭和42年といえば、9月30日をもって、「ゆうづる」が天にめされた年です。
今でも、「ゆうづる」昇天前の平ー仙台間のダイヤグラム、お宝としてて手元に保存しております。


投稿者 73おやぢ
投稿日 10月14日(木)13時03分21秒
タイトル 昭和42年、普通列車の特ロ
通りすがりの国電ファンですが、当時の普通列車の1等車をいくつか見ておりますので、少しばかり御報告します。
なお当時のメモが見つからないのと、本業(国電)ではないことから、記憶違いがありました節は、どうか御容赦ください。

昭和42年6月(ごろ)、早起きして東北・上信越の上り夜行群を見たことがあります。
青森発上野行き422列車の1等車はオロ61形でした。
同じく42年7月(同行した友人がワイシャツ姿だったのと、学校が早く終わっているので、たぶん7月)、
大阪発東京行き144列車の横浜−東京間に試乗(もちろん2等)しました。
1等車はスロ51形で、車内探検に行ったら生まれて初めて洋式便所と対面し、
仰天して隣りの2等車に逃げ帰った…ように記憶します。
翌43年2月、東京駅で熱海発東京行き848列車の回送引上げ場面を見ましたら、1等車は東シナのスロ50形でした。
これは実際に撮影しているので、断言できます。

多少なりとも皆様方の参考になれば幸いです。


投稿者 EF5841
投稿日 10月14日(木)18時31分44秒
タイトル 鉄道記念日
そういえば今日、鉄道記念日でしたね!!
節目でないと・・・・・失念しますね。


投稿者 ア・ドン
投稿日 10月16日(土)14時12分27秒
タイトル 奥羽線筋の10系
質問します。
昭和50年代には、10系座席車は急行運用から落とされて普通列車運用になりましたが、
奥羽線筋にはどのくらい在籍していたのでしょうか?
時期的には1978〜1980年ぐらい、所属区は福島・山形・秋田あたりになるとおもうのですが・・・。
お願いします。


投稿者 急行越前
投稿日 10月16日(土)22時30分31秒
タイトル RE:奥羽線筋の10系
急行越前です。

ア・ドンさま

最近TOMYのナハ10を買って手持ちのオロ11と組む番号を探した資料があるのでご報告します。

福島区に以下の番号のナハ11が在籍していました。
2020、2026、2067、2068、2069、2084
いずれも71年度中に青森から転属していて81年度まで在籍があります。
また2019は転入は同じですが77年度で廃車になっています。

奥羽線筋はこれだけでした。


投稿者 ア・ドン
投稿日 10月17日(日)06時27分24秒
タイトル お礼
ありがとうございます。
うーん、やっぱり少ないですね・・・・。ナハフは皆無ですか・・・・。
でも、所属が福島と言うことはED78で仙山線筋にもつかえるのですよね。
安く上がるのはGMキットまとめ組みなのですが・・・・。
まあ、編成上のアクセントと割り切るのが良しかなあ・・・。
では。


投稿者 山電
投稿日 10月17日(日)21時27分23秒
タイトル Re奥羽線筋の10系
皆様こんばんは、そしてご無沙汰しております。

>ア・ドン様
東北のナハフ10,11ですが仙山線沿線(北仙台駅前)が親の田舎の者としては、
79年以降は仙山線では10系を見たことが残念ながらありません・・・
仙フクよりも仙センオハフ61,42、スハ40,42,43、オハ46,47の車両が多かった気がします。

また、ナハフは東北では秋アキか盛アオにしか配備は無かったと思います。
多くの10系を配備していた盛モカもナハのみの配備だったようですし・・・
奥羽本線と関係がある区所としたら北オク配備車の急行『津軽』運用でしょうか・・・
考えてみれば関東・東北では東シナ(波動)、北オク、高タカ、水ミトと結構な輌数が居たものですがね。
意外と東北でのナハフは少ないですね〜


投稿者 ア・ドン
投稿日 10月18日(月)02時27分11秒
タイトル 限定されますか・・。
年代に制限されますか・・・。
やはり晩年は10系は仙山線の運用にはつらかったのかも。
(特に冬季は車体劣化による隙間風等が問題だったと思う。)
現在の701系も「軽すぎて」作並より先には入っていないみたいだし・・・。

秋田の10系ですが、晩年の写真を見ると(オハネフ12・スハネ16ですが)ねずみ色に塗られていたようですが・・・。
 同じく秋田所属のナハ・ナハフもどうであったか知りたいところです。
では。



「客車列車の旅」へ  
夜行列車や旧型客車列車の音や資料を掲載
客車専門サイト「客車列車の旅」はこちらから
掲示板「客車倶楽部」本体へはこちらから
過去ログ「倶楽部メモ」もこちらから