倶楽部メモ(232)
平成16年 4月 1日〜 4月12日


投稿者 スハ32
投稿日 4月 1日(木)02時41分10秒
タイトル (無題) 
 反射板ですが、尾灯のバッテリー問題かもしれないですね。
昔の様に十分充電されてないので、何時切れてもおかしくない状態です。
大井川もそうですが、客車の車内灯を減光したり、こまめに消灯したりしてます。
たまにトンネルで真っ暗闇になったり・・・乗ってる方は逆に楽しんでますけど。


投稿者 浪速の某
投稿日 4月 1日(木)20時08分30秒
タイトル (無題)
旧客は蓄電池問題がありますが、
「あすか」などのジョイフル、12系、14系などには「つけっぱなし」の説明がつきません。
単なるズボラでしょうか。


投稿者 Satokawa
投稿日 4月 2日(金)08時22分8秒
タイトル 反射板の件

皆様、ご無沙汰しています。

浪速の某様Wrote  
>「あすか」などのジョイフル、12系、14系などには「つけっぱなし」の説明がつきません。
新型客車でも色々ありまして、12系の場合はバッテリー充電を車軸発電機およびディーゼルエンジン発電機の2系統から取っています。
ところが14系には車軸発電機がなくディーゼル発電機のみとなっています。
いつからか省エネのため回送時のエンジン停止が実施されており、特に14系はバッテリー上がりが懸念されるために
反射板の取付が義務付けられたようです。
12系は車軸発電機があるので...と思うのですが、長時間停車や停泊に備えての措置と思われます。
まあ、反射板付きの姿もその時代を現すモノと思えば、意味ある記録になると思いますが如何でしょうか?


投稿者 オハナハ
投稿日 4月 2日(金)12時38分59秒
タイトル なるほど
いろいろと事情がありそうですね.しかし何ともかっこ悪いと思うのですが.
御教授有難うございます.


投稿者 浪速の某
投稿日 4月 2日(金)18時58分39秒
タイトル (無題)
>Satokawaさま
 
ご教示ありがとうございます。いずれにしても要員削減、省力化に起因しているのは
間違いないですね。その点、時代を表していると云えるでしょうなぁ。


投稿者 青列車
投稿日 4月 3日(土)01時17分18秒
タイトル 【おてもやん】例外も…
お邪魔します(横レス)
反射式後部標識(でいいのでしたっけ?)が最近の客レにも使われている件ですが、
一昨年運転された14系座席車東北本線最終運転の時には取り付けられておらず「自前」のテールライトで走っていました。
(当日休暇をとってしっかり「乗り鉄」してしまいました)

ブルトレ等、定期列車では使われていないようですが…使うor使わないの判断基準はどこにあるのでしょうね?>識者各位

蛇足な追記
この「後部標識」、「おてもやん」という表現を以前誌上で見かけた事があります。


投稿者 鹿ケ谷鉄道
投稿日 4月 4日(日)00時51分54秒
タイトル テールランプと反射板
確証は無いのですが、お邪魔します。
反射板を使用しだしたのは緩急車の連結を廃止した、貨物列車から始まったのではありませんか。
ということで客車列車の場合も、最後尾車両に車掌が乗務する・しないの違いがあるのではないでしょうか。


投稿者 103列車機関士
投稿日 4月 6日(火)20時14分36秒
タイトル 樽見鉄道
皆様ご無沙汰いたしております。
久しぶりに見てみますととても参加したい話題が沢山あった様で歯軋りをしながら見ています。
さて、数少ない客車列車のある樽見鉄道なんですが、14系客車すら懐かしくなってしまった今、
再会したくなり出かけようと思います。
予習をしたいので譲渡車両の車歴、ダイヤ情報、留置されている駅、などの情報をお願いいたしたく思います。
オハフ33も現存するのでしょうか?
廃止の噂も段々現実になりつつあるようなので早くしなくてはと思っております。


投稿者 EF5841
投稿日 4月 9日(金)17時03分3秒
タイトル 中国版カシオペア
中国も高級寝台車を投入するようになったと「人民日報」が報じています。
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/flash/301019


投稿者 マロネロ38
投稿日 4月10日(土)16時19分3秒
タイトル やっと故障直りました
3月はじめからPC故障でご無沙汰しました。やっと直りましたがWindows2000にしたら、聞きにし勝る「使いにくさ」ですね。
ぼちぼち慣れて行きます。今後もよろしく


投稿者 こう
投稿日 4月10日(土)18時57分14秒
タイトル 樽見鉄道存続問題を悲しむ。
樽見鉄道には第3セクター化時と樽見開業時に行きました。
貨物輸送の荷主側の都合で廃止が論じられているのですね。悲しく思います。
何とかがんばってほしいですね。今も、10両の客車が在籍しているようですが、
何とか観光と保存鉄道に燭光を見出してほしいですね。
かつてはオハフ33や50系もありましたね。14系、12系の現状はどうなんでしょう・・

マロネロ38様。お久しぶりです。良かったですね。。
投稿者のホームページ


投稿者 スハユ
投稿日 4月11日(日)19時47分7秒
タイトル 高山線合造車
始めまして。。
高山本線にC58牽引客車がいたS40始め頃の合造客車について、どなたか教えて下さい。
当時、高校通学でWルーフとSルーフを見たんですが、
形式はスハユ30、オハニ30、オハユ61、オハニ61で良かったでしょうか?
オハユ30は金トヤ所属で座席背もたれが斜めに合板張りだった記憶がします。
又、オハ34がいたけどどうなったんですか?ちなみに当時の客車所属は、金トヤ・名タヤ・名ミオで運用されてました。
スハユ30とオハユ30は本当に走っていたのか?ここ数年、悩むと夜も寝れません。どなたか教えて下さいませ。


投稿者 クモイ103
投稿日 4月11日(日)22時31分52秒
タイトル Re:高山線合造車
スハユ様 こんにちは。

 手元の資料では、昭和41年3月末現在、名タヤと金トヤに合造車の配置がありました。

◆名タヤ(高山・前年まで「名タカ」だった模様)
オハニ30 7,8,20,33,46
オハユ61 4
オハユニ61 129
スハユ30 1,3,4,7

◆金トヤ(富山)
オハニ61 102,105,385
オハユニ61 10,12,63,65,130
スハニ64 2222,2250,2252,2285,2412,2413

…となっています。スハユ30、オハユ61は確かにあったようです。
なお、金トヤの電暖付きスハニ64は、北陸本線用でしょうね。

 オハ34についても、同じ金トヤになんと2〜12の合計11両が揃っていました。
但し同形式は、昭和44年までに全車廃車となっています。

>103列車機関士様
 某他掲示板ではお世話になっていながら、こちらでお役に立てず申し訳ありません。樽見鉄道のことはよく知りません・・・


投稿者 仙コリ
投稿日 4月12日(月)00時04分58秒
タイトル Re2:高山線合造車
スハユ様

クモイ103様の書き込みの補足ですが、昭和40年代の金トヤの配置を見るとオハニ30はないのですが、
昭和39年まで金トヤにオハニ30 37が配置されていたようです。
スハユ様が御記憶の金トヤの車両はこれではないでしょうか?
(ちなみにオハユ30?と記載されていますが、当時金トヤにはスハユ30の配置はなかった様なのでオハニ30の事ですよね?)
当時実際に高山線で運用されていた車両がどの車両であったかは残念ながらわかりませんので、
どなたか資料をお持ちの方のフォローをお願いしたいと思います。


「客車列車の旅」へ 「客車倶楽部」へ  
夜行列車や旧型客車列車の音や資料を掲載
客車専門サイト「客車列車の旅」はこちらから
掲示板「客車倶楽部」本体へはこちらから
過去ログ「倶楽部メモ」もこちらから