倶楽部メモ(129)
平成14年 3月21日〜 3月29日

投稿者 車掌@仙コリ
投稿日 3月21日(木)09時45分23秒
タイトル RE:横浜港120年の客車
本文 Satokawa様、情報ありがとうございます。
山口雅人氏著『東京1980’s』先日私が書き込みました1年程前に見たという書籍はこれであったと思います。
車番がわかったのは1両だけであったようですが、オハ462620は、昭和33年当時尾久配置だったようなので、
前述のボートトレインに使われた車両と限ったわけではなかったようですね。
という事は、Satokawa様のおっしゃるとおり、南シナの車両が使われたと考えるのが自然なのですが、
水ミト車も含まれていたという方がいるのも事実です。
ボートトレインうんぬんという話が崩れてしまった以上、なぜ水ミト車がという疑問が残るのですが?
現在までに2両の車番が判明していますので、残る2両の車番がわかれば、はっきりするのですが。
特別な列車だったとはいえ、やはり臨時列車の車両の特定は困難ですね。


投稿者 H
投稿日 3月22日(金)10時28分46秒
タイトル オハ31系について
本文 下記を教えてください。
オハ31系で 2等、3等色帯の無い 時期はいつ頃からでしょうか。
また、その記録写真等、資料をご存知でしょうか


投稿者 車掌@仙コリ
投稿日 3月23日(土)15時05分58秒
タイトル RE:オハ31系について
本文 等級帯の色について詳しくは、当ページの客車資料館等を参考にしていただきたいと思いますが、
オハ31系列に限らず、3等車の色帯(赤)は昭和15年に廃止となっていますので、
おおまかには戦前は赤帯、戦中・戦後は等級帯無し、といった状況です。
2等車→1等車→グリーン車の等級帯については、色の変更(青→淡青→淡緑)がありましたが
等級帯が廃止されたのは国鉄の末期ですので、オハ31系列の2等車に関しては、
等級帯が無かった時期はないはずです。
ちなみに青→淡青の変更は昭和24年頃、淡青→淡緑の変更は昭和36年でして
オハ31系列の2等車は、すべて昭和37年までには廃車・格下げ・改造種車となっていますので、
淡緑の等級帯があったかどうかは微妙なところだと思います。


投稿者 青列車
投稿日 3月23日(土)23時21分37秒
タイトル 【14系ハザラストラン】乗ります
本文

全国1億2千万人の客車ファンの皆様今晩は(^o^)丿千葉県佐倉市在住の青列車と申します。

さて、タイトルどおりなのですが、来る3月30日に運転されるJR東日本所属の14系ハザ車
最終運転の列車のキップの手配ができました。たまたまこの日休暇が取れることになり、
思い入れも深い形式だけに、お別れをしてくることにしました。

尾久所属の車両とのことですから、緑のモケットの、ストッパー付きの車両でしょうか?
能登や加賀に運用されていたものに乗ったことがあります。

感極まって泣いてしまう…ってことがないように自重しないと(^^);

しかし、昨年11月、快速海峡体験乗車と、グランシャリオ体験を目論んだ札幌往復を企て、
前夜のはくつるで勇躍スタートしたものの、
越河で先行の貨物列車のトラブルによる福島駅4時間抑止のため、総ての予定がパーになり、
盛岡から無賃送還で引き返したことがあるだけに…何もトラブルが起きなければいいのですが…

(ここ最近、仕事の都合やその他諸々で、「鉄」活動がとばっちりを受けることがしばしば起こって
しまいました。まさか厄年のお祓いをしていないのが原因ってわけでもありますまいが…)(^^);

以上、掲示板のお目汚し失礼致しましたm(__)m


投稿者 車掌@仙コリ
投稿日 3月23日(土)23時23分46秒
タイトル RE:オハ31系について−訂正
本文 前回の書き込みの訂正ですが、オハ31系列の2等車はすべて昭和37年までには
廃車・格下げ・改造種車となったと書いてしまいましたが、その前年の昭和36年
10月には、残っていた全車が格下げされていました。
 オロ30 →オハ27  1両
 オロ31 →オハ27 66両
 オロハ30→オハ26 30両

なお、この時の格下げはほとんど改造されず、そのままの状態で格下げとなった様
ですので、実質この時にオハ31系列の2等車の帯(この時点では新1等車の帯)
が無くなったともいえるでしょう。


投稿者 おっちゃん
投稿日 3月24日(日)19時06分19秒
タイトル 団臨の行方
本文

JR東日本で14系引退との事ですが、水郡線恒例の成田参拝臨は
今後どうなるのだろう? 因みに水郡線では昨年夏にも14系団臨が
二回入りました。

(私は高校時代、水戸への通学でオハ35を常用した世代の者です。)


投稿者 SA@鎌倉
投稿日 3月26日(火)20時00分45秒
タイトル 尾久_14系客車ラストラン
本文 はじめまして。
私も、縁合って、14系客車に、明後日、乗ります。
よろしく。
−−−−
ところで、他の地区の14系客車は、まだ引退しないのですよね。良くわからないのですが。
たとえば、メモリアル・トレインで、「EF58+マイテ49 1両+14系客車5両」が、
4/27に走るようですが、引退した14系客車が、走るのでしょうか?
http://www.westjr.co.jp/news/020130c.html
また、急行「はまなす」の14系客車は、もう引退したのでしょうか?


投稿者 小田急線桜ヶ丘駅
投稿日 3月26日(火)23時10分59秒
タイトル 急行はまなす
本文

はじめまして。桜ヶ丘駅近くに住む汽車旅愛好者です。

>>急行「はまなす」の14系客車は、もう引退したのでしょうか?
急行「はまなす」は寝台車1両を除いて今でも14系客車です。
「はまなす」は唯一の自由席連結の定期客車列車となっていますが、
東北新幹線八戸開業時に快速「海峡」が特急の電車列車になります。
そのついでに「はまなす」が車両変更などが行われる可能性があるそうですね。
気動車列車化されるかもしれませんね。
まさか列車自体が廃止されることはないと思いますが・・・心配です。


投稿者 菊之介@夜行急行八甲田
投稿日 3月27日(水)00時32分09秒
タイトル 思い出がまた一つ。。
本文 御乗車の皆様、御機嫌如何でしょうか。14系ハザに乗れる方々が少々羨ましいですな。
ところで、菊之介も少々疑問なのですが、今回JR東日本で廃車になってしまうのは
尾久客車区の配置車両だけでしょうか?
となると、例えば臨時列車で[八甲田]のダイヤを仕立てても14系客車には乗れないのでしょうか?
他客車区に配置があればそんな事もないのでしょうが。
しかし、快速海峡の特急化もいやだなぁ。せいぜい[急行]にしておけば。
地方の物価と釣り合う気がするのですが。快速として八戸に乗り入れても面白い!? 
ええぃ、どうせ特急にするなら上野まで乗り入れて来い!
・・・・・失礼致しました。ちゃんちゃん。


投稿者 ウエレクニカホ
投稿日 3月27日(水)08時53分57秒
タイトル 14系ラストラン乗車します
本文  乗客の皆様、カレチさんご機嫌如何でしょうか?
14系客車のラストラン3月30日に乗車します。
思えばEF65牽引の「つばさ51号」だった頃
が嘘のようです。感極まって泣くことの無い様に
気をつけます。ゴーサントーから早、四半世紀。
鉄道の主役も表舞台も様変わり、代替わり。
碓氷も板谷も123レも2325レも雑形
「鳥海」も常磐線の仙台行きも記憶の彼方
となりました。鉄道文化村しか行く所が
ないのかな。それでは


投稿者 103列車機関士
投稿日 3月27日(水)20時07分42秒
タイトル うらやましいです
本文 皆様こんにちは!ついに別れの時がやってきました。
14系、まさか12系より先に逝ってしまうとは、、、
もはやSLに12系は、、なんて言っていられなくなりますね、
なつかしの八甲田もうわさだけだった様だし、
仕事でお別れにすらいけないので皆様のレポート楽しみにしています。


投稿者 時刻表検定協会
投稿日 3月28日(木)10時12分33秒
タイトル 「第6回 時刻表検定試験」
本文 小学生から大人まで誰もが受けられる時刻表による唯一の検定試験、
全国15会場で、6/23(日)開催されます。
いかに速く必要事項を探すかが高得点へのポイント!3/1〜5/29まで受験者を募集中です。
試験はJR 時刻表(必携・持ち込み、2002年6月号)のほか、電卓を、持ち込むこともでき、
1種と2種別々の内容で 200点満点のマークシート方式で行われます。
限られた時間内に時刻表を有効に使い、必要な事項を、いかに迅速に見つけ出せるかが
高得点獲得の最大のポイントです。
出題問題は、鉄道をはじめバス、フェリー、航空、レンタカーなどに関する基本的な問題から
電卓や時刻表を駆使する高度な問題、具体的な旅行事例に合わせた設問まで
幅広い分野にわたります。
投稿者のホームページ


投稿者 おっちゃん
投稿日 3月29日(金)08時43分29秒
タイトル 情報求む
本文 明日の14系惜別運転について、宇都宮以北の詳細時刻(特に下り)を
御存知の方は居ますか? 上野発 9時半と云う事は、近く「ふれあい
みちのく」の惜別運転等に利用される団臨のスジとも少し違う様な?
(そのスジの場合、状況次第では宝積寺付近で「エルム」との離合も
有ったっけ。)でも明日は天候余り良くないみたいで。涙雨・・・・・・・


投稿者 SA@鎌倉
投稿日 3月29日(金)13時21分26秒
タイトル さよなら14系客車の旅
本文 昨日(3/28)の14系客車_東海道を、乗車しました。
14系客車は、ピカピカ。
内部も、きれいに磨かれいて、こんなに綺麗なものだとは思っていなかったので、感動しました。
掃除をした人は、どんな思いを込めて、行ったのでしょうか。
連日雨だったのに、この日は、天候に恵まれ、
EF58(茶)とEF64(茶)に引かれた14系客車は、花道(桜の満開の中)を通り抜けました。
ただ、大物(EF58_61)がいたので、そちらが、目立っていたような気がしましたが。
後は、3/30ですね。



  「客車列車の旅」へ 「客車倶楽部」へ  
夜行列車や旧型客車列車の音や資料を掲載
客車専門サイト「客車列車の旅」はこちらから
掲示板「客車倶楽部」本体へはこちらから
過去ログ「倶楽部メモ」もこちらから